東京家政学院大学・生活デザイン学科のホームページです。

「衣・食・住・モノ」の知識を土台に

「快適な生活」を考案

家族にとって、みんなにとって、くらしやすい生活環境って何だろう?そんな風に考えたことはありませんか。生活デザイン学科は、家族はもちろん、年齢や性別、職業や価値観の異なる人々がより良い生活を送る方法について考えます。
おしゃれな洋服を自分で作ったり、皆が元気で幸せになれる食事を考えたり、子どもからお年寄りまでくらしやすい住宅を設計したり…どれも私たちの生活に深く関わっているからこそ、生活に関する正しい知識と生活者に対する深い理解が不可欠です。 生活デザイン学科では生活の原点である「衣食住」に関する基本的な技術を学ぶことからスタート。時にはものづくりを自ら体験しながら、生活デザインのスキルを高め、家族や人に優しい生活空間の演出方法を身につけていきます。