東京家政学院大学・生活デザイン学科のホームページです。

平成27年度住分野前期卒業研究発表会

「平成27年度住分野前期卒業研究発表会」
7日25日午前中に、4年生の卒業研究の発表会が行われました。
卒業設計は、自分で課題を見つけ、調査や考察をし、その成果をまとめていきます。
前期の卒業研究は、大学4年間の集大成である後期の卒業研究に活かしていきます。
(文責:深石)



シェアハウス/○○が集まって棲む家 設計課題ポスターセッション

「シェアハウス/○○が集まって棲む家 設計課題ポスターセッション」
7月29日に、3年生の「建築デザイン演習A」の設計課題の発表会が行われました。
各自が設定した○○をもとに、構想を練り、設計をしていきました。
(文責:深石)









鉄筋コンクリート壁式構造による専用住宅 設計課題ポスターセッション

「鉄筋コンクリート壁式構造による専用住宅 設計課題ポスターセッション」
7月28日に、2年生の「住居デザイン演習C」で設計課題の発表会が行われました。
今回は初めての戸建て住宅の設計に取り組み、インテリアだけでなく、道路からどの様に玄関に入るのか、庭と内部の部屋の繋がりがどのようになっているのかも含め、図面・模型で表現しました。
(文責:深石)









次回のオープンキャンパス

7/14は、今年度に入って2度目のオープンキャンパスが行われました。
連休の中日でしたが、とても大盛況でした。

次回のオープンキャンパスは、今週末の7/28です。
学生や先生方といろいろな話をしに、気軽にお越しください。

この日の体験授業は、
衣「和服のTPOと古布でストラップ作り」
  「皮の造形」
食「スーパーのお弁当で新商品を提案しよう!」
住「紙から立体を作ってみよう!」
もの「パソコンで絵を描こう」
是非とも興味のある授業をうけてみてください。
午前と午後と異なる体験授業を受けることもできます。
多くの方のお越しをお待ちしています。

(文責 深石)




染色Aの授業

工芸染色Aの授業では様々な染色技法を使って作品を制作しています。今回は
マーブル染めで革の小物入れを作りました。カラフルで幻想的な作品が出来上がりました。11月のKVA祭で作品展示をしますので、ぜひご覧下さい (文責 佐々木)







実習報告会

教育実習報告会が7月23日に行われました。
教師の立場を経験した学生は、成長をした姿と発表を
後輩・教員に発表しており、一人でも教員になることが
期待される報告会でした。 (松本)












海外でご活躍のデザイナーの佐藤慎権先生をお招きして
「アパレル生産実習・演習」

7月16日、3年次の「アパレル生産実習・演習」の授業で、海外でご活躍のデザイナーの
佐藤慎権先生をお招きして、ワークショップが行われました。TRパターン法を教えていただくのは
今年で4年目です。今年は「折り紙」のデザインを、3時間で全員完成させました。
以下は授業風景です。この科目は衣料管理士1級の資格取得の科目です。













デザイン演習「まねる」の授業で椅子の模型製作

1年生、生活デザイン演習「まねる」の授業で椅子の模型製作をしました。
出来上がった模型を見ながら、三面図やスケッチ(アイソメ図)に直します。

立体模型を、図面やスケッチにまねる授業です。(高尾)













住居学科8期生の同窓会

現代生活学部生活デザイン学科は、家政学部の住居学科と家政学科家政学専攻、人文学部の工芸文化学科と文化情報学科を再編して2010年4月に誕生しました。

各々の学科では多くの卒業生を世に輩出しており、その人的資産は現在の生活デザイン学科に継承されています。

 住居学科8期生は2015/06/27に卒業後20年の同窓会を催し、同期生のおよそ半分となる41名の参加を得て、旧交を温めました。

20年の時を経て、卒業時とは家庭生活も仕事内容も様々に変わりましたが、学生生活を共に過ごした仲間とは、今でも変わらぬ時間を共有できていたようです。

クラス担任だった(椛田)




《インテリアコーディネーター、宅建、建築士の生活デザイン学科住分野》


前のページへ

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|

次のページへ