ワクワクを生活のデザインに
グローバル化・情報化に対応した快適な生活を創造できる人を目指す

衣の関連授業

テキスタイル材料学

被服を科学的に考え正しく理解して、商品企画、製造、販売、品質管理、消費などに必要な知識を得るために、その材料となる繊維、糸、布の構造がその性質にどのように反映されているのか学びます。

繊維学実験

繊維の顕微鏡観察、燃焼性試験、繊維の製造実験、呈色反応実験、耐薬品性などの実験を通して繊維の性質を理解し、繊維を鑑別できる能力と快適なテキスタイル素材を考える力を身に付けます。 

ウィービングデザイン演習A

目的や用途に合ったテキスタイルを設計・選択するために、卓上織機を用いて織物の三原組織(平織・斜文織・朱子織)の基礎織を行います。更に、三原組織による応用作品を制作し織物の構造とデザインを理解します。

ウィービングデザイン演習B

変化織(二重織、捩り織等)の技法を学び、大機を用いて、技法、糸、デザインを工夫したテキスタイル作品を制作し、テキスタイルを設計できる技術を身に付けます。

服飾造形実習A

人体下半身の形状を理解し、計測法を学びます。計測値に基づいて、ショートパンツ及びスカートの製図を行い立体形状とパターンの関係を理解します。更に、自分サイズのショートパンツとスカートの制作を通して基礎的な下衣の制作技術を習得します。

アパレル設計論

被服設計の基本となる人体計測と衣服原型について、実際に各自のサイズを計測して原型を作図し、人体と原型の関係を理解します。更に、原型を展開してデザイン化するパターンメーキングの手法を身に付けます。

服飾造形実習B

上半身の形状を理解し、計測法を学びます。計測値に基づいて、ブラウスの製図を行い立体形状とパターンの関係を理解します。更に、自分サイズの衿付き長袖ブラウスの制作を通して基礎的な上衣の制作技術を習得します。